資料の紹介

 商品に関する問い合わせやサポート対応のための電話窓口設置は、顧客満足度の向上につながる。しかし、せっかく設置しても、対応の質が低ければ、かえって顧客の不満を募らせたり、せっかく得られた顧客の声をビジネスに生かせなかったりする。コールセンターシステムの導入は、こうした問題の解決に有効だ。

 従来のコールセンターシステムは、構内交換機(PBX)などのハードウエア購入や開発にコストがかかることから、導入に踏み切るには高いハードルがあった。現在では、クラウド型コールセンターシステムの登場により、この課題が解消しつつある。とは言っても、いざ導入となれば、多くのシステムの中から自社に適したものを慎重に選ばなければならない。

 本資料は、コールセンターシステムを選定する際に何を決めておく必要があるのか、どうすれば要件をスムーズにまとめられるのか、といった悩みを抱えている担当者向けに、短時間で効率良くシステム選定の要件をまとめられるチェックリストを提供する。選定のカギとなるのは、業務要件、システム要件、サポート要件のそれぞれを確定することという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。