資料の紹介

 オンプレミスのシステムをクラウド化する際は、冗長化についてしっかり検討する必要がある。アマゾンウェブサービス(AWS)やMicrosoft Azureで、ベンダーが提示するSLAの前提となる要件を満たすには、冗長化構成にすることが必須だからだ。さらに、クラウド上のアプリケーションの可用性はユーザー責任とされている。

 しかし、オンプレミス環境と同じ高可用性クラスタを、クラウド環境で実現することは難しい。クラスタに必要な共有ストレージなどのサービスがクラウド上で提供されていなかったり、クラウドごとにサービスの種類や特性が異なったりするからだ。そのため、各クラウドの仕様に適した高可用性クラスタの設計が必要となる。

 本資料では、クラウドサービス向けのクラスタ導入支援サービスを紹介する。クラウド環境構築から基本OS構築、高可用性クラスタ構築までを支援するサービスのほか、ユーザー環境を再現して高可用性クラスタを構築・検証するサービスがある。AWS、Microsoft Azureのほか、NEC Cloud IaaS、NTTコミュニケーションズのEnterprise Cloudなどで実績がある。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。