資料の紹介

 「働き方改革」は多くの企業にとって喫緊の課題だ。今後、人材の確保がますます困難になるなか、無駄な仕事を減らし、社員一人ひとりの生産性を上げることは、企業の生き残りに不可欠だからだ。そこで求められるのが、ITを活用して属人化した業務をシステム化し、効率化・自動化・無人化することだ。

 それには、AIやRPAの活用はもちろん、必要なシステムを開発することも求められる。ただし、自社開発/外部委託のいずれにしても、短期間で開発し、ある程度の完成度でリリースして使用しながら完成度を高めるアジャイル的な手法が不可欠になる。さらに、既存のシステムとデータを連携し、「つなぐ」仕組みも必要になる。

 本資料では、超高速開発ツールと連携ツールを活用し、業務の効率化・自動化・無人化を実現したさまざまな事例がまとめられている。最初の打ち合せからわずか1週間でプロトタイプを作った永谷園、必要なシステムを100%社内開発して生産性を2〜5倍に上げた吉田プラ工業など、「働き方改革」に本気で取り組みたい企業の参考になる情報が数多く掲載されている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。