資料の紹介

 あらゆる業種、業態の企業が避けて通ることができないのが、取引先との個人情報や機密情報のやり取りだ。残念ながら機密を要するデータの安全で確実な受け渡しには様々な手間がかかる。メールによるやり取りでは、添付のサイズに制限がある上、暗号化に手間がかかる。そして、いくら気をつけても、盗聴や誤送信の恐れを払拭できない。DVDやUSBメモリーといった物理的な手段を使うことで、ファイルサイズや盗聴の問題を防ぐことは可能だが、郵送や手渡しに手間がかかる上、紛失や盗難の恐れが常にある。

 こうした容量や暗号化の手間を避けるために、無料のファイル転送サービスやストレージサービスがあるが、管理者の目の届かないところで利用されやすく、シャドーIT化する可能性が高い。では、どうすればいいのか。セキュアでかつ使いやすい、法人向けに特化したファイル転送サービスを使えばいいのである。

 本資料ではクラウドベースの法人向けファイル転送サービスを紹介する。法人向けファイル転送サービスに要求されるファイル転送の機能やセキュリティ面の機能を解説するほか、機密情報を扱うことの多い金融業界やエンターテインメント業界での事例もあわせて掲載している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。