資料の紹介

 RPA(Robotics Process Automation)が今、IT部門だけでなく、経営層や事業部門まで巻き込んだ一大ブームとなっている。RPAは人工知能(AI)技術などを使って、人間による手作業を補完したり、代行したりするための仕組みである。ホワイトカラー業務の効率や品質を高められるとして、働き方改革と併せて検討する企業も多い。

 とは言うものの、RPA自体は以前から存在する既存テクノロジーの集合体であり、現段階では魔法の杖でも夢の道具でもない。すべての業務にRPAを適用できるわけではなく、場合によってはRPAではなくITシステム化したほうが、効率が向上する場合もある。

 本資料では、RPAの導入で確実に成果を出すために知っておくべき基礎知識を解説する。「RPAとは何か」に始まり、その現状や活用メリット、成果を出すために必要なこと、問題や課題、リスクなどについて述べる。目的を明確化し、ツールの機能を確認したうえで、ポイントを忠実に押さえた活動をすることがカギとしている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。