資料の紹介

 Excelはドキュメント作成から、表計算、グラフ作成、入力フォーム作成、業務アプリケーションなど、ビジネスの様々な場面で活用されている。その一方で、大人数での共有がしにくい、集計作業に多大な工数やコストがかかる、マクロが属人化し陳腐化してしまう、といったことが、業務効率向上の障害になっているケースも多い。

 中には「脱Excel」を図る企業もあるが、うまくいかなかったという声をよく聞く。その背景には、Excelの対象業務が極めて広範囲に亘っていることがある。対象業務ごとに課題を洗い出す必要があり、複数の業務で一斉に「脱Excel」を図っても無理がある。「Excel業務の効率化」は、「Excel業務を全て刷新する」ことではない。

 

 本資料では、「脱Excel」ではなく、Excelを生かしつつ業務効率を上げる方法について紹介する。Excelの対象業務ごとに発生する固有の課題に応じて対策をとることで、部門、企業、取引先といった単位でExcel業務の効率化と業務改善を実現。さらに、Excelの利便性を維持したまま、IT統制の課題も解決できるとしている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。