資料の紹介

 データベース管理ソフト(DBMS)は、企業のビジネス支えるITシステムの中心であり、時代に合わせて機能を拡張してきた。そして、仮想化とクラウドのテクノロジーが進歩し、多くの企業が業務システムをクラウドに移行している現在、クラウド上で利用するクラウド型データベースへのニーズが高まっている。

 ただし、ニーズの高まりとともに、既存のクラウド型データベースの限界も明らかになりつつある。特にビジネスの根幹を支えるクリティカルな業務を支えるうえで、性能、拡張性、可用性、セキュリティのいずれの点でも、既存クラウド型データベースにオンプレミスのデータベース以上の要件を求めるのは難しいのではないか、という疑問は後を絶たない。

 この問題を突破するには、クラウドに最適化された新しいテクノロジーで開発されたまったく新しいデータベースが求められる。クラウド環境でビックデータの並列分散処理を実現し、スケールアウトやフェイルオーバー実行時の完全無停止を可能にしたクラウド型データベースの全貌を、本資料で確認してほしい。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。