資料の紹介

 企業が働き方改革を進める際には、既存の業務の内容を見直すだけでなく、業務効率や生産性の向上にも取り組む必要がある。今日の日本のように労働人口が減少している状況で生産性を上げ、成長を持続するには、「仕事のデジタル化」が不可欠だ。

 これまで人手に頼っていた、仕事のアナログな部分をデジタル化することで、ビジネスの価値を高めることができる。身近な名刺のようなモノから、データを起点としたデジタルトランスフォーメーションを進めることができれば、働き方やビジネスに変革が起こり、商機も広がる。

 本資料では、法人向けのクラウド名刺管理サービスを導入することで、個々の社員に任されていた属人的な名刺管理を見直した4社の取り組みと成果を紹介する。いずれも、人脈や顧客情報を共有することで営業活動の無駄を排除し、生産性向上や業務効率化などを達成。クレディセゾンでは新規契約取引数が30%以上アップしたという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。