資料の紹介

 これまで企業のIT導入の多くは、業務効率化やコスト削減を主な狙いとしていた。だが今後はそれに加えて、これまでデジタルと無縁だったアナログ的な仕事の領域においても、ITを駆使してビジネスを変革し、ビジネス価値を高める「デジタルトランスフォーメーション」が重要になる。

 デジタルトランスフォーメーションはすべての産業分野において、従来の産業構造や事業構造を大きく変える可能性がある。しかし、具体的にどう変わっていくかは、その現場のプロセスに精通している人しか想定できないことが多い。組織が大きくなるにつれて、現場との距離が離れてしまいがちな経営者にはそのイメージが把握しづらくなる。

 本資料では、最先端のITと社会や人間との関わりについて研究する東京大学の森川博之氏が、デジタル化がますます進むこの時代に、ビジネスの進め方や働き方はどう変わっていくのかを説明する。デジタルトランスフォーメーションがそもそもなぜ注目されるのか、どんな意義があるのか、企業ではどう進めるべきかを説き起こしたうえで、経営者としての心構えにも言及している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。