資料の紹介

 働き方改革の必要性が声高に叫ばれ、政府の掛け声のもとで多くの企業が取り組んでいるが、改革を成功させるのは容易なことではない。働き方改革への取り組みは企業によって様々だが、残業時間や在宅勤務など、形式的な議論ばかりに囚われてしまうケースが少なくない。

 働き方改革は本来、「労働生産性の向上」と切り離すことができないテーマである。それにも関わらず、現状では後者に向けた議論は必ずしも十分ではない。社員のモチベーションを高めて、労働生産性を向上させるために必要なのは、形式的な「建前」から脱却し、上司と部下が腹を割って話し合える組織風土を築くことである。

 本資料は、日本企業の“風土・体質改善”を専門とするスコラ・コンサルトの創業者である柴田昌治氏へのインタビュー記事である。建前でなく事実や実態に基づき自ら考えられる組織のあり方や、働き方を改革するための道筋に加えて、イノベーションの推進に必要な企業風土と、風土改革の具体策について、事例を交えて解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。