資料の紹介

 AI(人工知能)は今日のIT業界で、最も頻繁に話題に上るキーワードの一つだ。今日のAI人気は、近年におけるITインフラにまつわる技術革新と、長年にわたるAI分野の研究が結び付いた成果であり、もはや一過性のブームではない。企業は、近い将来のAIの活用を前提としたシステム環境とデータ基盤の整備に真剣に取り組む必要がある。

 企業がAI活用を検討する際に最初に突き当たる壁は、「AIで何が実現できるのか」という大まかな理解を得ることである。この壁を越えたとしても、固有のデータを活用したAIシステムを構築・運用し、ビジネス上の効果を得ることは、多くの企業にとって決して容易なことではない。

 本資料では、AIの市場動向から始めて、有力な活用シナリオ、比較的短期間で効果を得られるソリューションや、活用における注意点について、独立系ITコンサルティング会社ITRの調査結果を基に紹介する。特に、今後のAI活用で大きな役割を果たすクラウドサービスの主要ベンダーの動向には絶えず注意を払う必要があるとしている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。