資料の紹介

 コンバージドインフラストラクチャはサーバー、ネットワーク、ストレージが事前に検証された上で最適に組み合わさった製品である。そしてハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)は、一般的なサーバーにコンピューティング機能とストレージ機能を統合し、シンプルな構成を実現した仮想化基盤だ。複数のサーバーのストレージを組み合わせ仮想化している。ではHCIならどの製品でも同じかというと、そうではない。コンセプトは同じでも、実装方法は各メーカーによって異なるからだ。

 たとえば、QoSの設定ができないHCIでは、特定のワークロードが他のワークロードのパフォーマンスに影響を与えてしまう。また必要に応じてコンピューターやストレージを個別に追加できないHCIでは、不要なものまで購入する必要があった。そして、さまざまなソフトウエアやクラウドとの連携ができないHCIでは運用の自動化が難しかった。

 本資料では、HCIの成り立ちから、従来あった問題点とその問題を解決した新世代のHCIについて、イラストを使ってわかりやすく解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。