資料の紹介

 近年、多くの業界で参入障壁が低くなった結果、企業間の競争が激化し、デジタル変革も加速している。めまぐるしく変わるビジネス環境に素早く対応し、厳しい競争を勝ち抜くには、ビジネス要件を満たすシステムやサービスを、これまで以上に「早く」「高品質に」構築することが、不可欠だ。

 ビジネスの要請に応えるため、システム開発現場ではこれまでも、技術力の向上やノウハウの蓄積、ツールの導入など様々な工夫を重ねてきた。しかし、それも限界に近づきつつある。加えて、IT技術者不足は今後一層深刻化することが確実視されており、その対策も急務だ。

 本資料ではこうした課題の解決策として、AI などの先進技術を活用した次世代超高速開発を提案。「PMOのスキル向上とコスト削減」「設計仕様の一元管理と自動化による開発期間の半減」といったメニューについて、その概要と期待される効果を紹介する。計画から構築、保守までライフサイクル全体を対象とし、大量のデータや情報から意思決定に役立つ知見を得られる点が特徴という。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。