資料の紹介

 運用管理担当者の仕事に欠かせない「特権ID」は、システムに対してあらゆる操作ができる特別な権限であるため、攻撃者から狙われやすい。実際、これまでに起きた情報漏洩や不正侵入などの事件をみても、特権IDの乱用や不正使用が発生したケースでは被害規模や影響範囲が大きくなり、企業の信頼を揺るがすほどの事態に発展していることが多い。

 だが、セキュリティの入口対策で、不正アクセスを完全に排除することは実質不可能だ。加えて最近では、仮想化やクラウドなどシステム環境が多様化し、従来のシステム環境にはなかったリスクが増える一方だ。より厳重な特権ID管理が求められる状況にあって、要件定義のポイントや、自社に最適な特権ID管理ツール選定の秘訣などは、押さえておきたい。

 本資料では、「そもそも特権IDとは?」から説き起こし、特権ID管理をとりまく課題と失敗しないツール選定のポイント、管理ツールがもたらす費用対効果の試算方法など、幅広いトピックについて分かりやすく解説している。仮想化、クラウド、IoTなどのシステム環境で見落としがちな特権IDのリスクと具体的な対処例も収録した。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。