資料の紹介

 クラウドサービスのメリットやデメリットについて理解が進むにつれて、クラウドとオンプレミスを組み合わせたハイブリッドクラウドを採用する企業が増えている。ハイブリッドクラウドでは異なるレイヤーのサービスを利用することになり、セキュリティのコントロールポイントが増えるため、知らず知らずのうちに危険にさらされている可能性が高まる。

 システムを管理する上で必要不可欠な特権IDは、作業者にとっては極めて便利なアカウントであるが、悪用されるとシステム破壊やデータ改ざん、情報漏洩などの被害にあう恐れがある。特権IDの使用を厳密化する「特権ID管理」への取り組みは、これまでにもなされてきたが、ハイブリッドクラウドなどIT環境の変化に伴い、従来の手法では対応できない課題が出てきた。

 本資料では、特権ID管理から一歩進んだ「特権アクセス管理」の考え方を紹介し、この管理手法によって、従来の特権ID管理で対応できない課題をいかに解決できるかを解説する。さらに、特権アクセス管理を導入する企業や組織が、必ず押さえておきたい4つのポイントを紹介する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。