資料の紹介

 人工知能(AI)や機械学習などの技術の進展を背景に、アプリケーションの操作などをソフトウエアにより自動化する「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が注目を浴びている。定型作業にかかる時間やコストを削減できるほか、誤入力などの人為ミスも防止できるようになるからだ。

 これまでのRPA導入は、導入しやすい業務を中心として広がってきた。だが最近では、AIなど最新技術を利用することで、さらに踏み込んだ自動化を可能にするRPAツールが生まれつつある。導入済みのRPAツール群をまとめてコントロールできるもの、紙の書類や音声入力データなどを扱う作業も自動化できるもの、さらには自動化作業そのものを任せられるものなどである。

 本資料では、既存の実行ロボをまとめて管理できる機能を備えた管理ロボについて、最新版の機能のほか、AIを積極的に採用した今後3年間の開発ロードマップを示す。今後3年間で、どこまでRPAに任せられるようになるかがイメージできる。RPAをこれから検討する企業のほか、既に導入済みの企業にとっても、今後の活用イメージを描くヒントになりそうだ。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。