資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)に取り組む企業が増加するなか、ITインフラの迅速な提供と運用負担の軽減に向けた手段として注目されるのが、次世代仮想化基盤のハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。しかし、部門ごと・サービスごとに導入が進んでしまい、データセンター全体で依然として運用負荷が軽減せず、せっかく導入したHCIのスピード感を十分に生かしきれていないケースも少なくない。

 その原因は、従来型の物理ネットワークにHCIを接続していることにある。物理ネットワークは、準備を含めてトポロジー(ネットワーク構成)の変更に時間を要することが多く、個別に導入されたHCIが持つ柔軟な設計思想を阻害してしまうことが多いからだ。すなわちデジタル変革を加速するには仮想化基盤だけでなく、ネットワークにも変革が必要になってくる。

 本資料では、HCIが最大限の効果を発揮する“ツボ”を3つの観点から提案し、なかでもオープン技術の積極採用を勧めている。オープン技術により、市場の変化へのスピーディかつ柔軟な対応や、技術の陳腐化を回避するプラスアルファが生まれるという。そしてこれらの観点が、HCIのポテンシャルを最大限に引き出すために重要だと解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。