資料の紹介

 現在、全国の地方自治体は「LGWAN(Local Government Wide Area Network)」という自治体専用のネットワークで相互接続し、情報共有や高度なセキュリティ維持を実現している。このため、自治体向けにLGWAN上でクラウドサービスを提供する企業は、LGWANの要件を満たすサービス基盤を用意し、登録事業者として認可を受ける必要がある。

 各種セキュリティ製品を開発するデジタルアーツも、ファイル暗号化のクラウドサービスを地方自治体向けに提供するうえで、LGWANへの対応を迫られていた。しかし、LGWAN対応のインフラを独自に構築するには、多大なコスト・時間がかかる。そこで同社がインフラ基盤として選択したのが、LGWANへの接続を前提に開発された高信頼のIaaSだった。

 本資料で紹介されているデジタルアーツの取り組みは、地方自治体へLGWAN対応のクラウドサービス提供を検討している企業にとって、ベストプラクティスの事例となっている。ぜひ参考にしてほしい。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。