資料の紹介

 「大量のデータを迅速に分析して、即、意思決定したい」。「世界各地のデータと連携し分析できるようにしたい」。データ分析基盤についてこのようなニーズを持つ企業は少なくない。カーレースの最高峰Formula One(F1)で、参戦12年目にしてワールドチャンピオン4回、優勝51回を獲得した強豪Red Bull Racingもそんな1社である。

 F1での勝利は、もはやドライバの実力だけではなく、科学的分析と洞察が左右すると言われている。シーズン中、世界各地で21のレースを戦い抜くために、同社の英国工場では、あらゆる部品について、設計・製造・テスト・改良のサイクルを繰り返す。レース中は100を超えるセンサーでデータを収集。これら多量のデータからもっと迅速に、勝利につながる発見や洞察を得たいと、同社は分析基盤の刷新に踏み切った。

 本資料では、Red Bull Racingがワールドチャンピオンシップを獲得するために取り組んだ分析基盤の刷新とその成果、膨大なデータを世界中で扱えるようにする工夫などについて、同社の分析ツール責任者、IT基盤責任者などのコメントを交え、詳しく紹介する。F1マシンの開発サイクルが加速しただけでなく、意思決定のためのデータアクセス時間を30%削減したという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。