資料の紹介

 ビジネス環境は日々変化し、顧客ニーズも常に変わり続けている。こうした中で顧客満足度や製品・サービスの価値を高めていくためには、継続的な業務改善やイノベーションの創出が欠かせない。企業のIT部門に求められるのは、業務改善と改革の担い手として、ビジネス現場の動きに即して、迅速かつ柔軟に業務システムを更新することである。

 効果的な業務改善法を探究したり、新しい価値を生むイノベーションを創出したりするには、試行錯誤しながらアイデアをブラッシュアップできる環境を社内に作る必要がある。外部委託を前提とするシステム開発をしている場合、費用がかさむだけでなく、開発期間も長くなり、改善やイノベーションの足かせとなるケースが少なくない。

 本資料では、現場のアイデアを的確に盛り込んだシステムを、IT部門が中心となって、外部業者に頼ることなく迅速に開発できるよう組み合わせたソフトウエアツール群と関連サービスのパッケージを提案する。企業システムの主要な機能をプログラミングなしで、コストや開発期間のリスクを抱えずに開発できるという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。