資料の紹介

 現在、多くの組織がオールフラッシュアレイ(AFA)に注目し、積極的な導入を進めている。AFAはアプリケーションを高速化するだけでなく、施設や電力の面でも管理の負担を軽減し、短期間の投資回収を可能にする。ユーザー企業がAFAを導入する目的も、従来の限定された用途から日常的なワークロードへと急速に広がりつつある。

 こうしたニーズに応えるためにベンダーは、絶えずAFAに機能を追加したり性能を強化したりして競争力の向上を図っている。容量やストレージ密度、パフォーマンスは大幅に向上し、AFAベンダーの大型買収や撤退に伴う市場統合も進んでいる。ストレージアレイの主要な製品ラインのすべてはAFA構成で提供されており、選択に迷うほどだ。

 本資料は、AFAを購入しようとする企業などが調査・検討プロセスを効率よく進め、的確な結論を得るのに役立つ最新情報を提供する。市販のAFA25モデルの機能やサービスを、管理とソフトウエア、ハードウエア、仮想化、サポートの4つのカテゴリに大きく分類したうえで、各項目を評価し、ランク付けした。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。