資料の紹介

 会計システムは、経営判断に欠かせないさまざまな指標を得るのに欠かせないものであり、あらゆる規模の企業に欠かせない経営ツールである。だが、自社の会計システムに課題や不満を抱く経理担当者は多い。

 「運用コストがかさむ」「他の業務システムと連携できない」「申請や承認、決済に手間がかかる」「内部統制対応ができていない」「必要な報告書が簡単に作れない」「システムトラブルが起きても迅速に対応してくれない」「導入後のフォローがない」。これらは国内企業の経理担当者やユーザーから実際に寄せられた声の一例だ。

 本資料は、大手会計システムベンダーが例年実施している、会計システムの現状と課題に関するアンケート結果を分析したレポートである。400人の回答から、会計システム導入の現状と、企業会計システムにいま強く求められている要件を明らかにし、さらに、それらを満たす会計システム選定の進め方を考察している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。