資料の紹介

 多くの企業にとって、デジタルマーケティングの重要性は日増しに高まっている。特に一般消費者を顧客とするBtoCビジネスを手がける企業にとっては、モバイルやSNS、さらには実店舗などのさまざまなタッチポイントで顧客の情報を収集・分析し、マーケティング活動に活かすことが不可欠となっている。

 一方で、顧客の行動分析だけではニーズを導き出すのは難しい。そして多くの種類の商品を販売し、事業分野が多岐にわたる企業では製品個別のマーケティング活動が多くなり企業全体でのブランド戦略を含めたマーケティングも難しい。いずれにしても多種多様なマーケティングデータを分析できるシステムとユーザーニーズをくみ取ったコンテンツが必要になる。

 本資料では、TOTOやライオンにおけるマーケティング用システムの構築と三菱電機での事業部を横断する取り組みなど、普段は表に出てこない事例を紹介する。今まさにデジタルマーケティングに取り組んでいる企業にとって、貴重な情報としてすぐにでも活用できるだろう。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。