資料の紹介

 ビッグデータについてはもはや、当初の過度な期待や懐疑的な見方の段階を過ぎ、「どうすれば組織に価値をもたらせるか」を具体的に検討する段階に入っている。あらゆる業界で、大量のデータの分析から得られる洞察が、画期的な発見、サービスの向上、顧客体験の強化など、さまざまなビジネスの変革につながっている。

 一方で、分析は常に進歩する科学である。数年の間に大きく変化し、今も急速な進化を続けている。現在の分析手法はその成熟度によって5つの段階に分類されることが多い。「何が起こったのか」を事後に分析する「記述的分析」に始まり、最終的には人間の思考パターンを学んだAIがリアルタイムにシミュレーションなどを実行することで、意思決定そのものを自動化する「認知的分析」に至る。

 本資料ではまず、ビッグデータを取り巻く最新のIT環境とビッグデータの潜在的価値を整理したうえで、どのタイプのデータリソースからでも洞察を得られるようにするテクノロジー、適切な分析インフラを導入するための基本知識について解説する。さらにこれからビッグデータ分析プロジェクトを開始する組織が踏むべき5つの基本ステップを提示する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。