資料の紹介

 営業部門が売上目標を達成するには、確実な予実管理が欠かせない。だが、情報がうまく集まらなかったり、集計作業に時間がかかるためにリアルタイムに数字を把握できなかったり、といった悩みを抱えた企業は少なくない。Web会議システム大手のブイキューブもそんな1社だった。

 以前の同社では、営業担当者が予算に対してどれだけの実績を上げているかが正確に把握できず、毎月、締め日の5日前に出している売上見込の速報値には、約30%もの誤差があった。顧客対応の面でも、サービス利用状況を把握できないために解約防止に向けた適切なアクションがとれなかったほか、問い合わせへの回答が遅かったり、未対応のまま放置されることもあった。

 本資料では、ブイキューブが営業や顧客対応における様々な問題を抜本的に解決するために取り組んだ、システム刷新プロジェクトの詳細とその効果について、キーマンのコメントを交えて紹介する。刷新後の同社では、売上見込速報値の誤差が約2%と激減、Web会議システムの解約率も、前年比で約30%減少した。顧客対応の確実性も高まったという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。