資料の紹介

 「領収書確認で経理部門が毎月残業」「外国人観光客の増加でホテル代が高騰」「社用にもかかわらず、割高な個人向け特典付きプランを利用している社員がいる」…。出張経費精算は、多くの経理部門にとって煩わしい業務の一つだ。

 領収書の突き合わせや差し戻しといった業務の煩雑さに加え、経費申請の遅れも頭が痛い問題だ。さらに、経理部門だけでなく出張者本人にとっても、出張で多忙ななか申請や精算業務に時間を割かなければならず、本来業務を圧迫されてしまうデメリットがある。

 本資料では上記の問題を解決するために重要な3つのポイントを示し、それらをまとめて実現する手段として、人気宿泊予約サイトの法人版を紹介。出張先での支払いが不要になる「法人一括決済」、予約時に法人プランだけを表示させたり、NGワードを指定できる「システム制御」などの法人向け機能とその効果を説明する。NECグループなど9000社以上が導入しており、ケースによっては1泊あたり平均2400円のコスト削減を実現することも可能だという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。