資料の紹介

 ビジネスに俊敏性が求められる現在、企業活動を支えるITシステムにもまた俊敏性が求められる。アプリケーションの素早い開発を可能にするアジャイル開発は、ビジネス環境の変化に迅速に対応し、競合他社に先んじて高品質な製品やサービスを提供できるとして、保守的と言われる日本企業のなかでも一定の評価を得ている。

 最近では、さらに組織の俊敏性を高めるために、経営層までも巻き込んだ「エンタープライズ・アジャイル」に取り組む企業が増えつつある。しかし、アジャイル開発で使われる管理ツールの中には、「フラットな組織」「単独チーム」を暗黙の前提としているため、複数のチームや階層のある組織に対応できないケースがあるので注意が必要だ。

 本資料では、エンタープライズアジャイルの支援を想定した管理ツールについて、日本のアジャイル開発の第一人者が実際に評価した結果を紹介する。具体的な画面例とともに、開発チームのメリットや、組織を挙げた活動を支える数々の“仕掛け”を説明する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。