資料の紹介

 モバイルコンピューティングがビジネスの現場に浸透するにつれて、モバイル端末をいかに管理するかが、企業のIT部門にとって重要な課題になってきた。当初の「モバイルデバイス管理(MDM)」は、ロックやワイプといった基本的な端末管理機能が中心だったが、業務利用が本格化した今、それだけでは不十分だ。

 端末本体だけでなく、アプリやその中に含まれるコンテンツをいかにセキュアに使えるようにするか、といった要件を満たすために、「モバイルアプリケーション管理(MAM)」や「モバイルコンテンツ管理(MCM)」の機能も備えた進化形として登場したのが、「エンタープライズモビリティ管理(EMM)」と呼ばれるツールである。

 本資料では、EMMの概念と要件を説明したうえで、2014年度の国内EMMパッケージ市場でシェア1位(ITR調べ)を獲得したEMMツールを紹介する。デンソーや資生堂、富士フイルム、すかいらーくなど、ワークスタイルの変革や業務効率の向上を実現した10の活用事例がEMMの理解を助ける。