資料の紹介

 モバイルコンピューティングの拡大に伴い、すべてのコミュニケーションチャネルがモバイル環境でも使えるようになるなど、マーケティングを取り巻く環境は急激に変化している。以前はメールだけだった、モバイルユーザー向けのコミュニケーションチャネルも、モバイルアプリのプッシュ通知やLINEビジネスコネクトが出現し、選択肢が増えた。

 こうした中、企業がそれぞれの顧客に対し、属性データや購買データなどに基づいて必要な情報を提供する「One to Oneマーケティング」は急速に身近なものになり、オムニチャネル戦略を掲げる企業が確実に増えた。しかし、それを継続的に実行している企業はまだ多くないのが実情である。

 本資料では、拡大するモバイルチャネルへの対応と、顧客とのコミュニケーション戦略を考える際に鍵となる観点「レリバンシー(relevancy、関連性、妥当性)」について解説。そのうえで「LTV(顧客生涯価値)」を最大化するrelevantなコミュニケーションとは具体的にどういうものかを示す。