限られたハードウエアという“ケージ”から解き放たれたNutanix OS

 ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)は、今やITインフラを構築する際の有力な選択肢の一つになった。サーバー、SANスイッチ、ストレージが一体化したオールインワンスタイルであるため、システム全体の構成の簡素化が望めるだけでなく、環境構築の作業工数を大幅に減らせるなどコスト面でも有効である。運用管理の簡素化も可能だ。

 中でもNutanix(ニュータニックス)はHCIの代名詞ともいえるベンダーである。多くのユーザーからの高評価を得ているが、その理由の一つに、同社のソフトウエアのクオリティの高さがある。たとえばWebベースの管理ツール Nutanix Prism(以下、Prism)は、高レベルのユーザビリティーをめざし、わかりやすく直感的に操作できることを追求している。そのため複雑な仮想化基盤もシンプルに管理可能だ。通常の操作は1クリック、データ分析、リソース予測なども数クリックで行えるため、データセンターで運用する際にも作業負荷を大きく削減できるというわけだ。

 そのNutanixが、ソフトウエアで革新的な取り組みを開始している。HCIに最適化された先進的な機能を有するOSをハードウエアから切り離し、「Nutanix Enterprise Cloud OS」(以下、Enterprise Cloud OS)というソフトウエアスタックソリューションとして、単体でライセンス販売を行うというのだ。従来、同社はDell EMC、Lenovo、IBMのハードウエア向けにOEMライセンス提供を行ってきた実績はあるが、より幅広いハードウエア・プラットフォーム上でNutanixのOSが利用可能になる。これにより、企業情報システムにはどのような価値がもたらされるのか。ニュータニックス・ジャパンおよび今回サブ・ライセンス権許諾契約を締結した日立システムズ、ディストリビューターである東京エレクトロン デバイスの3社にお話を伺った。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。