メルカリ、シェアサイクルサービス「メルチャリ」が福岡市とスマートシェアサイクル実証実験事業を開始

 

 株式会社メルカリは、シェアサイクルサービス「メルチャリ」が福岡市の「福岡スマートシェアサイクル実証実験事業」の採択事業として選出され、2018年6月22日より実証実験事業を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 メルチャリ公式サイト: https://merchari.bike/

■メルチャリ サービス概要

 「メルチャリ」は個人(お客さま)と地域が参加型で運営を行う、新しいスタイルのシェアサイクルサービスです。メルカリは、リアルの場での更なるシェアリングエコノミーの促進を目指し、2018年2月27日福岡市にて「メルチャリ」のサービスを開始しました。専用のスマートフォンアプリから、自転車のレンタルから返却までかんたんに行うことができ、いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ自転車を利用できる体験の提供を目指しています。このたびの福岡市との取り組みにより、新たに公共施設への駐輪ポートの設置が可能となります。「メルチャリ」のポート数は2018年6月末に約90箇所となる予定です。

■福岡スマートシェアサイクル実証実験事業の概要

 福岡市では2015年3月に「福岡市総合交通戦略」を策定し、都心拠点間の公共交通軸の形成と回遊性の向上に取り組んでおり、その実施施策の一つとして「自転車共用システムの導入支援」を掲げています。

 本実証実験は、民間事業者がサービス提供する「シェアサイクル事業」について、福岡市の行政課題である都心部への自動車流入抑制、来訪者等の回遊性向上、放置自転車の減少などの課題解決の観点から公共交通を補完する交通手段としての効果を検証することを目的としています。

 ※福岡スマートシェアサイクル実証実験事業に係る提案競技の実施について

 http://www.city.fukuoka.lg.jp/soki/kikaku/business/29jigyokobo/smart-sharecycle.html

《実証実験事業における福岡市との取り組み》

 このたびの事業者選出を受け、「メルチャリ」は福岡市と下記の実証実験を行います。

 ●期間:2018年6月22日から2020年3月31日まで

 ●実施内容:

  シェアサイクルを活用して、都心部への自動車流入抑制、都心部の回遊性向上、自転車利用環境の向上に取り組む。

 ●実施エリア:

  博多、天神、ウォーターフロントから2km圏内の公共施設の活用を予定しており、市の保有するポート候補地最大30箇所に、メルチャリのポートが新たに設置されます。

 今後、「メルチャリ」はさらなるサービスの利便性向上に取り組むとともに、順次、他の地域への展開もしてまいります。また、福岡市との実証実験を通じて、福岡市内の交通をスムーズにし、経済やまちづくりなど、地域の活性化に広く貢献することを目指し、新たなシェアサイクルサービスを構築してまいります。

以上

【メルカリ概要】

 会社名:株式会社メルカリ

 所在地:〒106-6118 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー18F

 事業内容:スマートフォン向けフリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運営

 代表者名:山田進太郎

 Webサイト: https://about.mercari.com/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0483188_01.jpg