車載制御用マルチコアマイコンのソフトウェア開発負荷を大幅に軽減する、モデルベース開発環境をアップデート

〜RH850用モデルベース開発環境が、複数の制御周期(マルチレート)を持つシステム開発に対応〜

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼 CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、このたび、車載制御用マルチコアマイコンのモデルベース開発環境「Embedded Target for RH850 Multicore」( https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/model-base-development/embedded-target-for-rh850-multicore.html )をアップデートして、複数の制御周期(マルチレート)を持つシステム開発に新たに対応したことを発表します。エンジンやボディ制御などのシステムではマルチレート制御が一般的のため、今回のアップデートにより、マルチコアマイコンのソフトウェア開発シーンでも、モデルベース開発環境が実用的になり、自動運転車の開発などで複雑化するソフトウェアの開発負荷を大幅に軽減します。

 従来、RH850マルチコア用モデルベース開発環境は、複数のコアに自動でソフトウェアを割り当て、実行性能をシミュレーションで検証することは可能でしたが、マルチレート制御を含む複雑なシステムではRTOSやデバイスドライバを含め、すべて実機(実物のマイコン)に実装して検証する必要がありました。今回、マルチレート制御に対応したことにより、マルチレート制御モデルからマルチコア用のソフトウェアコードを直接生成可能になり、その実行性能をシミュレーションで検証できるようになりました。実行性能を開発の初期段階で見積ることができるだけでなく、検証結果に基づいたモデルへのフィードバックも容易になります。これにより、システム開発の完成度を早期に高めることができ、大規模化、複雑化するソフトウェアの開発負荷を大幅に軽減できます。ルネサスは、マルチコア用のソフトウェア開発におけるモデルベース開発環境の実用化を加速させ、Renesas autonomy(TM)のコンセプトでも掲げるエコカー/電動化の進化をリードします。

 このアップデートしたモデルベース開発環境「Embedded Target for RH850 Multicore」は、2018年秋から提供を開始します。これに先駆けてルネサスは、2018年7月3日(火)に東京コンファレンスセンター・品川で開催される「MathWorks Automotive Conference 2018」( https://jp.mathworks.com/company/events/conferences/automotive-conference-tokyo.html )にデモンストレーションを出展します。

 ルネサスのオートモーティブソリューション事業本部 共通技術開発第一統括部の事業部長、近藤 弘郁は次のように述べています。「モデルベース開発は普及が進み、制御設計から自動コード生成まで環境は整備されています。一方、マルチコア用のソフトウェアは複雑なため、従来のモデルベース開発で扱うことは困難でした。車載制御のユースケースに多くの知見を持つルネサスは、実用化に向けた課題にいちはやく取り組み、今回のアップデートに成功しました。これによりルネサスは、マルチコアマイコンに向けたソフトウェア開発の効率化に大きく貢献できると確信しています。」

 新製品の特長は、以下のとおりです。

 ※以下は添付リリースを参照

以上

 * MATLAB/Simulinkは米国 The MathWorks Inc.の登録商標です。Renesas autonomyはルネサス エレクトロニクス株式会社の商標です。本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482439_02.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482439_01.pdf