アズジェント、モバイルアプリケーションのクラッキングに対して脅威分析を行う

Arxan Threat Analyticsサービスを提供開始

 

 セキュリティ及び運用管理ソリューションの提供を主業務とする株式会社アズジェント(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:杉本隆洋、JASDAQ:4288、以下、アズジェント)はArxan Technologies,Inc.(米国 CEO Joe Sander、以下、Arxan)のストラテジックディストリビュータとして同社のモバイルアプリケーションクラッキング対策ソリューションと連携し、“アプリケーションへの脅威を見える化”するArxan Threat Analyticsサービスの提供を開始します。

【背景】

 モバイルペイメントの普及、コネクテッドカーの登場に伴い、モバイルアプリケーションを用いて様々な機能を提供する動きが高まっています。その一方で、広くユーザに配布したアプリケーションへのセキュリティ対策不足に起因するセキュリティ事故は、収益への影響、ブランドの損害、顧客の信頼喪失を引き起こし、企業にとって壊滅的なダメージを与える可能性があります。この為、モバイルアプリケーション開発企業はクラッキングを防御し、安全なアプリケーションを利用者に届けることが求められると同時に、そのアプリケーションが、安全に実行されているか、危険な環境で操作されているのか、攻撃を受けているのかを把握した上で、状況に応じた対策を取ることが求められています。

【モバイルアプリケーションの脅威分析サービス】

 ArxanのThreat Analyticsサービスは、企業が展開中のモバイルペイメントやスマートキー等のアプリケーションへの攻撃が実行されていく状況を“見える化”します。このサービスは、同社のマルチレイヤー・アプリケーション保護と統合して、アプリケーションへのクラッキングをリアルタイムに検知します。アプリケーションが攻撃されたその日に、”誰が、どのように、どこから”攻撃されているのか把握し、さらに発生している”国や地域、時間、頻度等”を把握することで、比類のない脅威情報を提供し、業界で最も包括的なアプリケーション保護ソリューションを企業に提供します。そして、“見える化”された攻撃に直接的な対応(*1)を行うことにより、被害を未然に防ぐことが可能になります。ArxanのCEOであるJoe Sanderは、次のように述べています。「当社のThreat Analyticsサービスは、アプリケーションへの攻撃がどのように実行され、どのように推移していくかを“見える化“します。その情報を元に、適切な対応で攻撃の機会を減らすことにより、脅威に先んじた対策が取れるようになります。Threat Analyticsサービスは、エンタープライズアプリケーションの保護ソリューションとして不可欠なサービスです。」

 Threat Analyticsサービスが、既にArxanによって保護されている10億以上のアプリケーションに展開されると、ArxanはOS、アプリケーションの種類、業界、地域ごとの攻撃動向と分析結果により、アプリケーションに対する脅威の状況を世界的に把握することができます。各企業はアプリケーションを展開する前に、地域特性や攻撃トレンドなどを考慮してインテリジェントにセキュリティ対策を設定することが可能となり、事前にビジネスのリスクを回避することができます。Arxanの製品管理担当副社長であるRusty Carterは次のように述べています。「Arxan Threat Analyticsは、Arxanが実際に保護しているアプリケーションからの脅威データと分析結果に支えられています。それは、日々収集される膨大な攻撃ブロセスの情報で、これを当社の専門的なセキュリティ研究と組み合わせることで、アプリケーション脅威の唯一の見える化と、効果的に防御する方法を提供することができます。」

 *1 例えば、モバイルバンキングの場合、サーバ側で対象ユーザのサービスを停止。クラッキングされたアプリが拡散した場合、統合されているマルチレイヤー・アプリケーション保護で保護の強度を高めてアプリのアップデート。

 ※以下は添付リリースを参照

 文中に記載の会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

 

【記事ご掲載の際の読者からのお問い合わせ先】

 株式会社アズジェント

 〒104-0044 東京都中央区明石町6-4

 TEL:03-6853-7402

 E-mail:info@asgent.co.jp

 URL:https://www.asgent.co.jp/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482427_01.pdf