Azure Stackの導入から保守までをトータルに支援する「Azure Stack 導入・運用サービス」を販売開始

Microsoft Azureと組み合わせたハイブリッドクラウド化も支援し、開発・運用コストを低減

 

 株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、ハイブリッドクラウド環境の実現を支援するサービスの一つとして、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と一貫性のあるアプリケーション開発・運用プラットフォームを、プライベートな環境に導入して利用できる「Azure Stack」の導入から監視・運用、保守までをトータルに支援する「Azure Stack 導入・運用サービス」を本日から販売開始します。

 本サービスは、3種類の提供タイプの中から、お客さまの要望にあった形でのAzure Stackの導入と、日立システムズが長年提供し、実績のある監視・運用、保守をトータルに支援するサービスです。Microsoft Azureと、本サービスを組み合わせて利用することで、開発・運用効率や拡張性が高く、一貫性のあるハイブリッドクラウド環境を実現することが可能です。

 近年の「所有」から「利用」というIT環境の変化に伴い、企業では業務効率化やコスト削減を目的としたクラウドの導入が急速に進んでいます。しかし、個人情報保護の観点や法的規制などにより、システムの一部をパブリッククラウドに移行できないケースなどもあり、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて活用するハイブリッドクラウドのニーズが高まっています。しかし、これまでパブリッククラウドやプライベートクラウドを部分的に導入してきた企業の多くは、さまざまなプラットフォームが混在した複雑な環境で運用しており、開発・運用の両面で負担がかかっていました。

 こうした背景を踏まえ、日立システムズは、「Azure Stack 導入・運用サービス」を販売開始します。

 Azure Stackとは、Microsoft Azureの主要機能を自社環境に導入可能なアプライアンス製品(マイクロソフト社のソフトウェアと対応ハードウェア(*1)をセットにした製品)です。Azure Stack はMicrosoft Azureと組み合わせて利用することを前提に設計されているため、Microsoft Azureと一貫性のある機能、操作性を持ち、共通のアプリケーションを稼働させることが可能です。

 今回、新たに販売開始する「Azure Stack 導入・運用サービス」は、お客さまの拠点や日立システムズのデータセンターなど、設置場所や提供方法が異なる3種類の提供タイプから、お客さまの要望にあった形でAzure Stack導入を支援するとともに、その後の監視・運用、保守までをサポートすることで、Azure Stackを活用したプライベートクラウドの構築をトータルに支援します。また、日立システムズは、Microsoft Azureの安定運用を支援するリモート監視・運用などの関連サービスを提供しており、お客さまの要望に応じて、「Azure Stack 導入・運用サービス」とMicrosoft Azureの関連サービスを組み合わせたワンストップな月額サービスとして提供可能です。

 お客さまは、「Azure Stack 導入・運用サービス」により、パブリッククラウドとプライベートクラウドが混在するハイブリッドクラウド環境においても、一貫性のある開発・運用管理を実現できるようになり、開発・運用コストの低減が可能になります。さらに、Microsoft Azureの関連サービスを組み合わせて活用することで、さらなる業務効率化や運用コストの低減が可能になります。

 今後、日立システムズは、株式会社日立製作所とも連携しながら、主に中堅から大規模企業向けに「Azure Stack導入・運用サービス」およびMicrosoft Azureの関連サービスを拡販し、今後5年間で累計20億円の販売をめざします。

 *1:日立システムズは日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、日本ヒューレット・パッカード)のハードウェアを採用しています。

 ※以下は添付リリースを参照

以上

 *記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

 

■お客さまからのお問い合わせ先

 株式会社日立システムズ

 商品お問い合わせ窓口:

 TEL 0120-346-401

 (受付時間:9時〜17時/土・日・祝日は除く)

 お問い合わせWebフォーム: https://www.hitachi-systems.com/form/contactus.html

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482331_01.pdf