MousePro、Windows 10 IoT Enterprise搭載特定業務向け小型パソコン

6月13日(水)販売開始!

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都)は、法人向けパソコンブランド「MousePro(マウスプロ)」より、Windows 10 IoT Enterprise(CBB)搭載の小型パソコンを6月13日(水)11:00より販売開始いたします。

 Windows 10 IoTは組み込み機器向けのOSで、特定業務専用の端末を作成するために、OS機能をカスタマイズできます。ロックダウン機能により、使用用途によって端末利用者が操作できる範囲を細かく制限可能なので、シンクライアント端末としての利用や、専用端末として導入いただくことができます。

 本製品は、継続してWindows機能の更新が適用される「CBB (Current Branch for Business)」を採用いたしました。更新適用時期を最大12カ月延期できることで、システム管理者が導入後十分な検証を行ってから更新の適用が可能です。

 本OSを採用した「MousePro Cシリーズ」は、本体寸法 70×70×34.1mm、本体重量 約164gの小型サイズながら、HDMI端子、USB3.0端子、microSD カードリーダー、無線LAN、RJ-45などビジネス利用で必要とされるインターフェースを搭載しています。

 さらに、ネットワーク経由での起動、HDMI接続機器との電源連動、指定時間に起動などの複数方法にて本体の電源制御などを行うことができるBIOS機能を用意いたしました。

 販売価格は3万9800円(税別)より、マウスコンピューター WEBサイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップにて販売を開始いたします。

 MousePro ホームページ:https://www.mouse-jp.co.jp/business/

 Windows 10 IoT製品ページ:https://www.mouse-jp.co.jp/business/embedded/

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482309_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482309_02.pdf