ミックスドシグナルIC分野における提携について

 

 東芝デバイス&ストレージ株式会社(以下、東芝デバイス&ストレージ)とエイブリック株式会社(以下、エイブリック)はこのたび、ミックスドシグナルIC(注)分野における提携に関して検討を行うことで合意しました。今後、両社製品の組み合わせによるソリューション開発から具体的な検討を開始し、7月から順次実施する予定です。

 本提携は、ミックスドシグナルIC関連の技術連携やリファレンスデザインの共同開発を通じて、新たな技術、製品およびソリューションを開発することを目的としています。具体的には、東芝デバイス&ストレージ製のマイコンや通信用ICと、エイブリック製の電源用ICとの組み合わせによる高効率な電源制御ソリューションの開発を行います。

 IoTの進展により、産業機器や医療機器分野における半導体需要が拡大するなかで、同分野の半導体にはさらなる低消費電力化や小型化が求められています。東芝デバイス&ストレージがマイコンや通信用IC事業などで培った回路設計技術、開発ノウハウと、エイブリックが持つ小型・低消費電力電源ICの企画・設計力を組み合わせることで、高精度な電源制御を実現する製品を幅広い顧客に展開していきます。

 東芝デバイス&ストレージは、マイコンやアナログIC、モータードライバーなど、多彩な製品ラインアップを生かしたソリューションでの拡販に取り組んでいます。また、自社製品と外部パートナーの製品を組み合わせた提案活動も積極的に進めており、今回の提携もその一環です。エイブリックの競争力ある技術を活用することで、幅広い顧客へのソリューション提案を加速し、ミックスドシグナルIC事業の事業価値向上を目指します。

 エイブリックは、様々な民生機器や携帯機器、車載機器向けに小型、低消費電力、高精度のアナログ半導体製品を提供する一方で、微小なエネルギーを蓄電・昇圧する電池レス技術の実用化に向け、従来から大学やパートナー企業との共同開発を進めてきました。東芝デバイス&ストレージの持つ幅広い応用力に富んだ技術とエイブリックが得意とする低消費電力技術を組み合わせることで、IoTソリューションのさらなる強化を図ります。

 注 ミックスドシグナルIC:アナログとデジタルの両方の信号処理機能を一つのチップに搭載した半導体製品