Dell EMC、モダン データセンター向けのストレージソリューション群を発表

世界最速のストレージ アレイ「Dell EMC PowerMax」を販売開始

エンドツーエンドNVMeおよびマシン ラーニング エンジンを実装した新しい「PowerMax」ストレージ アレイがモダン データセンターの新たなワークロードをサポート

 

■ハイライト

 ・ミッション クリティカル アプリケーション向けに構築した世界最速(*1)のストレージ アレイ「Dell EMC PowerMax」を販売開始。エンドツーエンドNVMe、SCM(ストレージ クラス メモリ)、NVMe over Fabricsを実装

 ・「Dell EMC VxBlock System 1000」がエンドツーエンドNVMeと「PowerMax」をサポート − ミッション クリティカル アプリケーションに妥協のない卓越したパフォーマンスを提供

 ・「Dell EMC XtremIO」に、ネイティブ レプリケーション機能を実装した新しいエントリモデル「XtremIO X2」−従来世代より最大55%低価格、「VxBlock 1000」をサポート

 ・新しい「Dell EMC PowerEdge MX」インフラストラクチャのプレビュー版提供を発表

 東京発, 2018年5月31日 -

 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL: http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下EMCジャパン、URL: http://japan.emc.com/ )は、世界最速(*1)のストレージ アレイ「Dell EMC PowerMax」を始めとした、モダン データセンター向けの新しく画期的なストレージソリューション群の販売開始を発表しました。これらの新ソリューションは、データセンターの既存のワークロードと新たなワークロードに幅広く対応し、導入企業がより高いビジネス上の成果を生み出すことができるように構築されています。

 昨今、企業は、新しいテクノロジーを活用して競合他社をリードする中、さまざまな新しい需要に直面しています。これらの需要に応えるためにはデータセンターでより高いレベルのパフォーマンスと自動化を実現するためのITのモダナイズ(最新鋭化)が必要になります。Dell EMCとIntel社の委託により、最近ESG社が世界4,000人のIT意思決定者を対象に実施した調査( https://www.dellemc.com/ja-jp/it-transformation/index.htm#cobrand=intel&overlay=//japan.emc.com/collateral/analyst-reports/esg-it-transformation-report-agility-innovation-business.pdf )では、回答者の81%がITトランスフォーメーションを実現しなければ自社が事業を展開している市場での競争力を失ってしまうだろうと回答しています。

 ※以下は添付リリースを参照

 (C) Copyright 2018 Dell Technologies.、その関連会社。All Rights Reserved.

 Dell, Dell EMC, Pivotal, RSA, Secureworks, Virtustream, VMware及びDell Technologiesが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Technologies又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0481195_02.pdf