クラウドセキュリティの先進企業、ゼットスケーラー社が

アジアパシフィック事業を日本へ拡大

東京オフィス開設とともに日本チーム体制を強化

 

 サンノゼ(カリフォルニア州)および東京 - 2018年5月22日(日本時間)-クラウドセキュリティ業界を牽引するゼットスケーラー社(NASDAQ:ZS)は、大手町ファイナンシャルシティのグローバルビジネスハブ内に東京オフィスを新規開設するとともに、セキュリティ業界の深い知識を有する経験豊富な日本チームを構築し、日本国内の大手企業および既存顧客のサポートを強化していくことを本日発表しました。

 大規模組織のセキュアなクラウドサービスへの転換(トランスフォーメーション)とその実現を支援しているゼットスケーラー社は、カルフォルニア州サンノゼに本社を構え、アジアパシフィックではシンガポール、オーストラリア、インドでも事業を展開しています。『Forbes Global 2000』の200社以上が顧客である他、あらゆる主要業界を世界で支援しています。

 ゼットスケーラー社CEOのジェイ・チャウドリーは、「今回の新たな展開により、日本の組織および企業に対して、より効果的にサービスを提供できるようになります。日本および世界中の企業は爆発的に増加するインターネット経由のトラフィックのセキュリティの確保に奮闘されています。今日の境界線のない世界において、当社のクラウドに特化したセキュリティプラットフォームは、高速なユーザーエクスペリエンスとともにセキュリティを強化する一方、今やレガシーとなったセキュリティ機器の購入、展開、管理の必要性を排除します」と述べています。

 企業のビジネス活動が広範になることでインターネットへの比重がますます拡大し、新たな外部型SaaSアプリケーションの採用と社内管理アプリケーションからパブリッククラウドへの移行が、これまで以上に進行しています。ゼットスケーラーセキュリティクラウドは、企業のデータセンターからクラウドへ、さらに従来のデータセンターベースのネットワークから最新のダイレクトトゥクラウド(Direct-to-Cloud)アーキテクチャへのセキュアなアプリケーション移行を実現することにより、エンタープライズにおけるクラウドへのITトランスフォーメーションの加速に貢献します。Direct-to-Cloudとは、ローカルでセキュアにトラフィックをインターネットにルーティングできるアーキテクチャです。

 ゼットスケーラー社アジアパシフィック/日本担当バイスプレジデントのスコット・ロバートソンは、次のように述べています。「当社ではクラウドへのトランスフォーメーションを計画している企業向けにスケーラブルなクラウドプラットフォームを提供しています。企業がOffice 365をはじめとするSaaS型アプリケーションを採用する場合でも、内部アプリケーションをパブリッククラウドに移行する場合でも、ゼットスケーラークラウドセキュリティがリスクを低減し、総保有コストを削減することにより、優れたユーザーエクスペリエンスを提供できます」

■ゼットスケーラーについて

 ゼットスケーラー社(NASDAQ:ZS)は、世界中の有力企業のネットワークおよびアプリケーションのモバイルおよびクラウドファーストな世界へ向けてセキュアなトランスフォーメーション(転換)を実現します。当社の代表的なサービスであるZscaler Internet Access(TM)およびZscalerPrivate Access(TM)は、デバイス、場所、ネットワークなどに影響されることなく、ユーザーとアプリケーション間の高速でセキュアな接続を構築します。これらのサービスは100%クラウドで提供されるため、従来のアプリケーションとは比較にならない容易さ、高度なセキュリティ、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。185か国以上で使用されているマルチクラウド分散型セキュリティプラットフォームを運営し、サイバー攻撃とデータ消失から数千社の顧客企業を保護しています。詳細については、https://www.zscaler.jp/ をご覧いただくか、Twitter@zscalerをフォローしてください。

 Zscaler、Zscaler Internet Access、Zscaler Private Accessはそれぞれ、米国およびその他の国におけるZscaler, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの保有者に所有権があります。