システム導入のための意思決定サイト

プレスリリース

ノークリサーチ、2018年中堅・中小企業におけるスマートデバイス導入の理由・課題・端末選定の実態に関する調査結果を発表

2018/05/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 中堅・中小企業におけるスマートデバイス導入の理由と課題および端末選定の実態

 

 ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ URL:http//www.norkresearch.co.jp)は中堅・中小企業におけるスマートデバイス導入の理由と課題および端末選定の実態にに関する調査を実施し、結果を発表した。本リリースは「2018年版中堅・中小IT活用シーン別スマートデバイス導入の実態/予測レポート」のサンプル/ダイジェストである。

<スマートデバイスの導入理由は大きく変化、新たな視点の導入提案へと切り替えることが大切>

 ■「POSレジ代替」などのコスト削減提案は頭打ち、今後は「顧客接点の拡大/維持」が有望

 ■低年商帯では「端末導入コスト」、高年商帯では「機種/OSの種類が多すぎること」が課題

 ■「iOS」「Android」「Windows系」の比率は業種によって異なる、今後の導入予定にも要注目

 対象企業:年商500億円未満の中堅・中小企業700社(日本全国、全業種)(有効回答件数)

 対象職責:企業の経営に関わるまたはITの導入/選定/運用作業を担う職責

 ※調査対象の詳しい情報については右記URLを参照 http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2018SD_user_rep.pdf

【「POSレジ代替」などのコスト削減提案は頭打ち、今後は「顧客接点の拡大/維持」が有望】

 以下のグラフはスマートデバイス(スマートフォンやタブレットなど)を導入済みまたは導入予定の中堅・中小企業全体(年商500億円未満)に対して、「スマートデバイスを利用する理由」を尋ねた結果の一部である。(全ての選択肢については次頁に掲載)

 *グラフ資料は添付の関連資料を参照

 スマートデバイスが登場した初期段階では(※4)や(※5)のように「キーボード着脱可能なタブレットをPC代わりとして利用し、一般消費者向けの無償アプリケーションを活用すればコストを削減できるのではないか」といった期待も一部に見られた。また(※6)の代表例として「高価なPOSレジ専用機の代替としてタブレットを活用する」といった取り組みも活発に見られた。上記のグラフが示すように、こうした理由によるスマートデバイス導入は一巡しており、今後大きな伸びを示す可能性は低い。

 一方、「導入済み」と「導入予定」の値を比べた時に(※2)や(※3)が伸びていることからもわかるように、昨今は「携帯性に優れた端末が必要な業務」や「デジタル化やペーパレス化の推進」といったように、個々の業務場面をより意識したスマートデバイス導入が多くなっており、今後も増加していく傾向が見られる。

 さらに、一般消費者の若い世代においてはPC離れが進んでおり、日常生活の様々な場面でスマートデバイスを利用する機会が増えている。こうした状況を踏まえて、中堅・中小企業も顧客接点を開拓/維持する手段としてスマートデバイスを位置付けていることが、(※1)の結果からも確認できる。

 中堅・中小企業向けのスマートデバイス導入を訴求するベンダや販社/SIerとしては、「PCや専用機器からの代替」という旧来のアプローチから、「個々の業務場面や顧客接点の拡大/維持を意識したITソリューション視点のスマートデバイス活用提案」へと転換していくことが重要となってくる。次頁以降ではそうした分析結果の一部をサンプル/ダイジェストとして紹介している。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0480273_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0480273_02.pdf

注目コンテンツ