CloudGate UNO、サイバートラスト デバイスIDと連携した新機能を提供開始

 

 株式会社インターナショナルシステムリサーチ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:メンデス・ラウル/以下、ISR)はこの度、ISRが提供するシングルサインオンサービス「CloudGate UNO(クラウドゲートウノ)」とサイバートラスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:眞柄 泰利/以下、サイバートラスト)が提供する「サイバートラスト デバイス ID」を連携し、新機能「secured by Cybertrust」として2018年5月21日より提供することを発表いたします。

■CloudGate UNOからデバイスIDの発行・失効の管理が可能

 サイバートラストが提供する「デバイスID」は、日本企業のセキュリティポリシーに欠かせない端末管理の要件を実現するサービスです。企業が許可したPC・スマートデバイスのみにデバイスIDを配布・インストールすることが可能なため、私物端末など許可されていない端末からの企業リソースへの不正アクセスを防ぎます。

 この度の「secured by Cybertrust」機能のリリースにより「CloudGate UNO」の管理者サイトから「デバイスID」の発行・配布及び失効までをワンストップで運用することが可能になるため、企業の管理者様は複数の管理画面での操作が不要になりメンテナンス時の負荷軽減に繋がります。

 また、強固なアクセスセキュリティを手間かけずに実装することができるようになります。G SuiteやOffice 365をはじめ、様々なクラウドサービスへのアクセスを「デバイスID」がインストールされている端末のみに限定することができます。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■ISRからCloudGate UNOとデバイスIDを一括購入可能

 これまで「CloudGate UNO」で「デバイスID」を利用する場合は別途サイバートラストから「デバイスID」を購入する必要がありました。今回の両社の協業強化により今後はISRが「デバイスID」の販売も代行するため、ご利用者様は「CloudGate UNO」と「デバイスID」をISRから一括購入することが可能になります。購入先窓口が一本化されることにより、企業の購買担当者様のメリットにもつながります。

 なお、2018年7月から順次、サイバートラストとISRの共催でクラウドを活用した働き方改革セミナーを実施する予定です。「CloudGate UNO」と「デバイスID」の連携の機能紹介を中心に情報システム部門担当者様向けの内容を企画中です。

【インターナショナルシステムリサーチについて】

 1993年、東京に設立されたインターナショナルシステムリサーチ(ISR)はインターネット黎明期の頃からWebシステム開発に着手し、常に時代の要請に即した製品開発、システムインテグレーション、各種コンサルティング業務など様々なソリューションを提供してまいりました。

 現在は主力事業をCloudGate UNOに一本化し、2008年のサービス開始以来、約10年ものサービス運用実績があり、現在では1,500社72万ユーザー(2018年3月時点)にご利用頂いております。

【サイバートラスト株式会社について】

 2017年10月、旧サイバートラストとミラクル・リナックスが合併し、新生・サイバートラスト株式会社が誕生しました。新生・サイバートラストでは、旧サイバートラストの認証事業とミラクル・リナックスの組込みLinux事業の組み合わせで、IoTをはじめとする先端分野における新たな価値を生み出す先駆者として、専門性・中立性の高い技術・サービスを提供いたします。

 ※ 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0480164_01.jpg