SAPジャパン、人事全領域をカバーするクラウドソリューション

「SAP(R)SuccessFactors(R)HCM Suite」を拡張

〜高度なデータ保護とプライバシー管理機能を追加でGDPRに対応〜

 

 SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、クラウド上で人事・人財領域全体をカバーできる「SAP(R)SuccessFactors(R)HCM Suite」を日本市場向けに大幅に拡張し、提供開始することを発表しました。日本向け給与計算および労務管理機能を本格提供すると共に、高度なデータ保護とプライバシー管理機能が強化され、GDPR(EUの一般データ保護規則)にも対応しました。

 SAP(R)SuccessFactors(R)は、タレント・マネジメント・ソリューションとして日本市場でも広くご利用いただいていますが、日本市場に適応した給与計算および労務管理サービスが追加され、SAP(R)SuccessFactors(R)HCM Suiteとして、人事・人財の全領域をカバーできる唯一のクラウドソリューションとなりました。これにより企業は人事、給与計算業務の運用コストの削減、AIを使った業務の自動化、蓄積されたデータの活用による効率的な人材育成など、一歩進んだ人事改革が可能になります。

 SAP(R)SuccessFactors(R)HCM Suiteは、高度なデータ保護とプライバシー機能を備えており、5月25日から施行されるGDPRに対応しています。

 SAP SuccessFactorsのソリューションでは、機能を拡張し、企業が従業員、求職者、そして顧客の個人情報を適切に扱い、保護するために設計されたさまざまな機能が含まれています。

 ・同意管理:GDPRをはじめとするいくつかのデータ保護に関する法規制では、企業が個人データの保管や処理について個人から明確な同意を得ることを義務付けています。この機能は、同意文書と承諾の設定および管理を行う同意プロセス全体にわたって使用できます。たとえば、採用担当者は、業務で使われているすべての言語で同意文書を作成し、求職者が求人に応募する前に同意文書に承諾するよう求めることができます。

 ・データブロッキング:この機能は保持期間内の履歴データや個人データへのアクセスを制限するために使用できます。ユーザー権限ごとにデータへのアクセスを許可したり、遮断したりできます。たとえば、従業員からの質問に対応する人事サービスセンターの担当者は過去1年間の従業員データを閲覧できるようにし、一方、HRシステム管理者は従業員に関するすべての履歴データを閲覧する必要があるというような場合に利用できます。

 ・データ対象者情報レポート:企業は従業員と外部の求職者について氏名や住所などの情報から、健康に関するデータ、勤務評価の結果に至るまであらゆる種類のデータを保管しています。この機能を使えば、SAP SuccessFactorsのすべてのソリューションから各自の個人データをすべて集めてレポートを生成できます。企業はどのような個人データが保存されているかをいつでも知ることができます。

 ・データ消去:企業が保管し、処理する個人データの量は莫大です。企業がこのデータをビジネスのために必要とされる期間を越えて保持していると、コンプライアンス不履行やデータ漏洩のリスクが高まります。保存に対する法的な根拠がなくなったら、データを消去(永久に削除)することが、GDPRをはじめとするいくつかのデータ保護とプライバシーに関する法規制の要件となっています。特定の国や業種のデータ保持規則をより適切に遵守できるよう、この機能では場所ごとにデータ保持規定を定義し、保持期間後にデータを永久に消去することができます。

 あらゆる規模の企業がグローバリゼーションとデジタル化の波にさらされる中、組織の俊敏性を高め、変化の時代に勝ち残るための鍵を握るのが「人」です。

 業界をリードするSAP SuccessFactorsソリューションを利用することで、従業員の潜在能力を存分に引き出し、企業の目的と使命に効果的に結び付けることで、従業員が明確な目的に向けて働き、収益の向上につなげることができます。

以上

■SAPジャパンについて

 SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国388,000社以上の顧客企業に利用されています。

 国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。

 ( http://www.sap.com/japan )

 Copyright(C)2018 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.

 SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

 

●お客様からのお問合せ

 SAPジャパン株式会社

 電話:0120-786-727

 http://www.sap.com/japan/contactsap