リコージャパンとバッファロー、文教市場向けの無線LAN整備事業で協業

〜現地調査から導入、保守、運用管理までをワンストップで提供〜

 

 リコージャパン株式会社(東京都港区、代表取締役 社長執行役員:坂主智弘、以下 リコージャパン)と株式会社バッファロー(名古屋市、代表取締役社長:牧 寛之、以下 バッファロー)は、文教市場向けの無線LAN整備事業で協業します。

 2018年6月初旬に、バッファローが開発・販売する法人向け無線LANアクセスポイントを、リコージャパンが提供する「ITKeeper 無線LANパック」の対象機器としてラインアップに加え、無線LAN環境整備に向けた現地調査から導入、保守、さらにクラウドを活用した一括での運用管理までをリコージャパンがワンストップで提供します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 文部科学省は、2017年3月に学習指導要領を改定し、情報活用能力を言語能力と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置づけ、学校のICT(*)環境整備とICTを活用した学習活動の充実に配慮することを明記しました。また、この新学習指導要領の実施を見据え、2018年4月に「2018年度以降の学校におけるICT環境の整備方針」を取りまとめ、「教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018年度から2022年度)」を策定しています。ICT環境の整備方針で目標とされている水準としては、学習用コンピュータを3クラスに1クラス分程度整備し、児童生徒が1人1台環境で学習できる環境を実現することや、大型提示装置・実物投影機の100%整備に加え、超高速インターネットおよび無線LANの100%整備などが示されています。

 特に文教市場においては、より多くの児童生徒がICTを活用した学習活動が行えるようにすることを優先するために、低価格機器等の調達が課題として提起されているほか、デジタル授業を見据えた安定した通信や、障害時の対応などがスムーズに行える安心できる環境の構築が求められています。

 リコージャパンとバッファローは、両社の製品・サービスを組み合わせ、安心・安全・快適な無線LAN環境の整備を低コストで実現することを可能にしました。環境整備に向けた現地調査や導入、保守をパッケージ化してワンストップで提供することに加え、オプションで運用監視や運用代行なども選択できるため、IT管理者が不在の学校においても安心して無線LANを利用することが可能になります。

 両社は今後、文教市場における無線LAN環境の整備を積極的に推進してまいります。

 なお、両社は、5月16日から東京ビッグサイトで開催される教育ITソリューションEXPOにそれぞれ出展し、本サービスについてご紹介します。

 * Information and Communication Technologyの略

 ※以下は添付リリースを参照

 * その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479639_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479639_02.pdf