システム導入のための意思決定サイト

プレスリリース

ノークリサーチ、中堅・中小企業の間接業務オンライン化/ペーパレス化とクラウドとの関係について調査結果を発表

2018/05/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 中堅・中小企業における間接業務のオンライン化/ペーパレス化とクラウドとの関係

 

 ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ URL:http://www.norkresearch.co.jp )は中堅・中小企業における間接業務のオンライン化/ペーパレス化とクラウドとの関係に関する調査を行い、その結果を発表した。本リリースは「2018年版 中堅・中小IT活用シーン別クラウド導入の実態/予測レポート」のサンプル/ダイジェストである。

<オンライン化/ペーパレス化の提案はクラウド活用と関連付けて市場動向を理解することが大切>

 ■「紙面業務のデジタル化」がオンプレミスとクラウドのどちらで進むのか?の見極めが肝要

 ■具体的なITソリューション内容によってクラウドを選択した理由や抱える課題も異なってくる

 ■経費精算のオンライン化では「社内LAN負荷」「既存システム連携」「個人情報」に要注意

 対象企業:年商500億円未満の中堅・中小企業700社(日本全国、全業種)(有効回答件数)

 対象職責:企業の経営に関わるまたはITの導入/選定/運用作業を担う職責

 ※調査対象の詳しい情報については右記URLを参照 http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2018Cloud_user_rep.pdf

●「紙面業務のデジタル化」がオンプレミスとクラウドのどちらで進むのか?の見極めが肝要

 業務効率改善に向けた取り組みの一環として、昨今は総務/経理/人事といった間接部門における業務のオンライン化やペーパレス化にも注目が集まりつつある。以下のグラフは年商500億円未満の中堅・中小企業を対象に「労務管理」「経費精算」「業務マニュアル」「領収書/契約書」「FAX送受信」といった紙面業務をデジタル化する際の望ましいシステム形態を尋ねた結果である。

 以下のグラフでは「PaaS」「SaaS」およびそれらとオンプレミスとの混在に関する回答数値のみを掲載しているが、本リリースの元となる調査レポートでは「IaaS」を含む様々なシステム形態の選択肢に関する集計結果が含まれる。また、「紙面業務のデジタル化」だけでなく、顧客応対や現場作業などといった40項目に渡るITソリューションとクラウドとの関連性についても分析している。

 (調査対象となっている40項目のITソリューション内容については本リリースの4ページ目を参照)

 *グラフ資料は添付の関連資料を参照

 上記のグラフを見ると、「B5-1.労務関連手続きのオンライン化」では「オンプレミスとSaaS形態の組み合わせ」が多く挙げられている一方、「B5-2.経費精算手続きのオンライン化」や「B5-5.FAX送受信のペーパレス化」では「SaaS形態のみ」の回答割合が高くなっている。このように同じ「間接業務のオンライン化/ペーパレス化」においても、具体的なITソリューションに落とし込んだ時にはシステム形態の選択が異なる点に注意する必要がある。本リリースの元となる調査レポートでは様々なITソリューションとのクラウドとの関連性について詳しい分析と今後に向けた提言を行っている。次頁以降ではその一部をサンプル/ダイジェストとして紹介している。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479237_02.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479237_03.pdf

注目コンテンツ