システム導入のための意思決定サイト

プレスリリース

ICT総研、「2018年 モバイルニュースアプリ市場動向調査」結果を発表

2018/05/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2018年 モバイルニュースアプリ市場動向調査」

 ■ニュースアプリの利用者は2017年度末に4,683万人、2020年度末には5,630万人へ

 ■利用率1位はYahoo!で27.7%、LINENEWSが24.6%で2位

 ■ポータル系アプリの利用者満足度1位はスマートニュース、新聞系1位は日経電子版

 ■日経電子版の利用者に占める男性比率は77.5%、LINE NEWSは48.3%が女性利用者

 

 株式会社ICT総研(東京都千代田区)は5月9日、「2018年 モバイルニュースアプリ市場動向調査」の調査結果をまとめた。

■ニュースアプリの利用者は2017年度末に4,683万人、2020年度末には5,630万人へ

 スマートフォン、タブレット端末などの普及に伴い、モバイルニュースアプリの利用者が急拡大している。

 新聞・雑誌などの紙媒体から、パソコン上でのニュースサイト閲覧へと利用者が移行し、現在ではモバイル端末上でのニュースコンテンツ利用が主流となってきた。

■表1.モバイルニュースアプリ/モバイルWebニュース利用者数

 ※表1は添付の関連資料を参照

 日本国内におけるモバイルニュースアプリの利用者数(アクティブユーザー数)は2014年度末に2,264万人だったが、2015年度末には3,378万人、2016年度末に4,093万人と増加が続いており、2017年度末(2018年3月末)には4,683万人に拡大した。今後は伸び率こそ落ち着くものの順調に増加を続け、2018年度末5,156万人、2019年度末5,431万人、そして2020年度末には5,630万人がモバイルニュースアプリを中心としてニュースコンテンツを利用するものとICT総研は予測する。

 従前は、モバイル端末上でニュースを見るユーザーの多くは、ニュースアプリではなくインターネットブラウザ上のニュースサイトを利用するケースが圧倒的であった。今後もブラウザ上のニュースサイトでニュースを閲覧するユーザーは3,000万人以上の規模で安定して推移すると見込まれるが、ニュースアプリの利用者数は増加を続け、これを上回る利用者規模で成長を続けている。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479100_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479100_02.pdf

注目コンテンツ