アライドテレシス、ラストラインの標的型攻撃対策ソリューションとSES(Secure Enterprise SDN)を連携

〜標的型攻撃への内部対策ネットワーク・セキュリティ・ソリューション〜

 

 アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎、以下アライドテレシス)と、ラストライン合同会社(本社 東京都千代田区、カントリーマネージャ 伊藤 一彦、以下ラストライン)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(以下SES)」と、ラストラインの標的型攻撃対策ソリューション内部対策「Lastline Enterprise」および「Lastline Breach Defender」と連携し、SDNによる標的型攻撃感染被疑端末の通信遮断隔離する内部拡散防止ネットワークセキュリティ強化ソリューションの提供を開始することを発表いたします。

 ラストラインの標的型攻撃対策ソリューションは、フルシステムエミュレーション技術による高度なマルウェア検出技術とネットワークフロー解析技術を融合させて、高度な回避型マルウェアによるセキュリティ違反から、官公庁や企業などの組織を守ります。フルシステムエミュレーション技術では、ファイルレスマルウェアやセキュリティ解析回避型マルウェアなど、検知が困難になっているマルウェアの検出に長けており、その結果とネットワークフロー解析技術を利用して、セキュリティ違反とその後の内部拡散を追跡することが可能です。これらの結果は、シスログやAPI、Web UIによって提供し、セキュリティ違反の詳細内容を迅速に把握でき、他社のソリューションとの連携や自動化にも容易に統合することが可能です。

 アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN/OpenFlow技術をエンタープライズや産業向け市場に適応させ、各種アプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、および、セキュリティの強化を実現します。このたびラストラインの標的型攻撃対策ソリューションLastline EnterpriseおよびLastline Breach Defenderと連携することにより、標的型攻撃を受けマルウェアに感染した被疑端末の通信をエッジスイッチにて遮断隔離し、外部への情報漏洩防止と共に内部への被害拡散防止をするネットワークセキュリティ強化ソリューションを提供してまいります。

 尚、本連携は、AT-SESC version 1.4.2より提供いたします。

 ※図は添付の関連資料を参照

【ラストライン合同会社について】

 ラストライン合同会社は、より少ないリソースと高い費用対効果で、高度かつ検出が困難なマルウェアから組織を守るためのセキュリティ違反検出・防御製品を提供しています。

 この革新的な技術と製品群は、莫大な損失につながるデータ侵害や定性的な被害が発生する前に、組織のセキュリティ部門がマルウェアに基づく脅威を迅速かつ完全に根絶できるように、高い可視性、詳細レポートによる状況分析結果の提供、他製品とのインテグレーションが利用できます。

 米国カリフォルニアのレッドウッドシティにワールドワイドの本社を、北アメリカやヨーロッパ、アジアの各地域にオフィスを設置しています。

 ラストラインの技術は、グローバル500の各社で採用され、直接販売と、販売店やセキュリティサービスプロバイダーからの提供、他社の革新的な技術と統合して提供しており、ワールドワイドで展開しています。詳細については、 https://www.lastline.com をご覧ください。

【アライドテレシス株式会社について】

 アライドテレシス株式会社は、ネットワーク専業メーカーとして、企業、医療、自治体・文教などあらゆる分野において、先進のテクノロジーによる高信頼性を誇るネットワーク製品、ソリューション、ITサービスを提供しています。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477604_01.png