Dell EMC、オープン ネットワーキングをエッジにまで広げ

次世代アクセスを実現する「Dell EMC Virtual Edge Platform」ファミリーを発表

新しいプラットフォーム ファミリーとソフトウェア バンドルがSD-WANを強化

サービス プロバイダおよびエンタープライズ企業のデジタル トランスフォー

メーションを加速するとともに、これまで以上に幅広い機会を提供

 

【ニュースの概要】

 ・「Dell EMC Virtual Edge Platform(VEP)」ファミリー、仮想ネットワーキング向けの目的特化型で将来の変化にも適応するuCPE(universal Customer Premise Equipment)、ソフトウェア デファインド環境を発表

 ・新たなIntel(R) Xeon(R) D-2100プロセッサを搭載した業界初となるSD-WANソリューション

 ・Silver Peak社、VeloCloud社、Versa社のソフトウェアとともに検証済み、テスト済みのソリューションが導入を簡素化し、促進

 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下EMCジャパン、URL:http://japan.emc.com/ )は、新しいIntel(R) Xeon(R) D-2100プロセッサを搭載した、業界初となるソフトウェア デファインド ワイドエリア ネットワーク(SD-WAN)ソリューション「Dell EMC Virtual Edge Platform(VEP)<http://www.dell.com/en-us/work/shop/povw/virtual-edge-platform-4600 >」ファミリーを発表しました。このソリューションは、uCPE(universal Customer Premise Equipment)を介してエンタープライズ エッジとクラウドをつなぐことで、デジタル トランスフォーメーションの加速を支援します。これらの新しい仮想化ソリューションは、機能が固定されている従来の高価なアクセス ハードウェアの能力を高めるソリューション、またはこれらに代わるソリューションを提供します。

 「Dell EMC VEP」は、業界をリードするユースケースとして、SD-WANを介したネットワークへの次世代アクセスを提供します。サービス プロバイダおよびエンタープライズ企業は、WANの運用環境と経済性を高めることで、成長を促進しながら競争における差別化を強化し、エンドユーザー エクスペリエンスを高めることが可能になります。

 多くのサービス プロバイダおよびエンタープライズ企業は、成長に向けたコストの統制や複雑な環境の簡素化、またスケーラビリティを確保するために、データセンターだけでなくブランチオフィスを含むネットワーク エッジまで、インフラストラクチャのモダナイズ(最新鋭化)を進めています。ソフトウェア デファインド アーキテクチャ、オープン ネットワーキング、また仮想化によってネットワーク アクセスの向上を実現することで、導入企業はデジタル トランスフォーメーションのゴールに向けた歩みを加速し、新たな市場機会がもたらす優位性をより迅速かつ効率的、より柔軟に活用できるようになります。

◆「Dell EMC VEP 4600」−

 オープン ネットワーキングをエンタープライズ エッジにネットワーク仮想化およびソフトウェア デファインド アーキテクチャの高度なインテリジェンスを基盤にしている「Dell EMC VEP 4600」は、オープンなIntel(R)アーキテクチャ ベースのプラットフォームを通じて複数の仮想ネットワーク機能(VNF)を同時にサポートします。導入企業は、メーカー各社の独自技術を基盤にしている数多くの物理的デバイスを単一のuCPE環境で統合しながら、大規模環境のホスティングに不可欠な高いパフォーマンス レベルを維持することができます。モジュール式のデザインではフロント パネルに拡張の余裕を持たせてあるので、必要に応じて設置現場で簡単にアップグレードすることやメンテナンス作業が可能です。

 「Dell EMC VEP 4600」は、新しいIntel Xeon D-2100製品ファミリー、Intel(R) QuickAssist Technology (Intel(R) QAT)、Data Plane Development Kit(DPDK)を通じてコンピューティング リソースを最適化するとともに、セキュリティ ワークロードの高まりをサポートする優れた効率性を提供します。

 Intel Xeon D-2100製品ファミリーのパフォーマンス、パワー、フォームファクターは、SD-WANおよびuCPE環境でより優れたワットあたりパフォーマンス(performance-per-watt)を実現できるように最適化されており、1.5倍以上高速なCPUパフォーマンス(*1)、最大2倍のパケット処理能力、2倍のメモリー帯域幅、最大4倍のメモリー容量(*2)を提供します。これらのプロセッサによって、優れたレスポンスと低レイテンシで、複雑なパケット処理および他のスケールアウト ワークロードが可能になります。

 コスト効率と電力効率に優れた「Dell EMC VEP4600」は、導入企業に幅広い選択肢を提供するとともに投資を保護する、Dell EMCのオープン ネットワーキング<http://www.dell.com/ja-jp/work/learn/networking >イニシアチブをさらに拡張します。優れたパフォーマンスとプログラマビリティ、また短期間で価値を提供する「Dell EMC VEP」プラットフォームは、例えばルーティングやファイアウォール、ディープパケット インスペクション(DPI)といった新しいサービス要件へも迅速に適応できます。このような追加の仮想ネットワーク機能(VNF)は、今後必要に応じてDell EMCまたは導入企業自身が追加することが可能です。

 複数の地域に拠点をもつ大規模な通信事業者やエンタープライズ企業の場合、Dell EMCはグローバル規模の製造、物流、サービス体制を背景に、一元化した連絡窓口とアカウンタビリティを通じてスムーズな調達、導入展開、サポートを提供します。

◆SD-WANの普及を促進する一連の検証済みソリューション

 Dell EMCは、サービス プロバイダによるサービスの市場展開の高速化とエンタープライズ企業における導入環境の簡素化をサポートする、「VEP4600」を使用した3つの検証済みソリューション<https://www.dellemc.com/ja-jp/service-providers/ready-nodes.htm >を提供します。これらのソリューションは、事前検証済み、事前統合済みの構成でターンキーSD-WAN機能を提供し、Silver Peak Systems社<http://en.community.dell.com/techcenter/service_provider_solutions/m/mediagallery/20444615 >やVeloCloud Networks社<http://en.community.dell.com/techcenter/service_provider_solutions/m/mediagallery/20444616 >、Versa Networks社<http://en.community.dell.com/techcenter/service_provider_solutions/m/mediagallery/20444617 >の業界をリードするSD-WANソフトウェアと、Dell EMCのインフラストラクチャおよびサポート サービスを統合します。Dell EMCの標準に基づいて構築・テストされているこれらのソリューションによって、企業は費用対効果に優れたSD-WANソリューションとマネージド サービスを短期間で導入・展開することが可能になります。

【価格と提供について】

 ■価格:最小構成20万円〜(予定)

 ■受注開始時期:2018年6月より提供開始予定です。

 ■提供について:デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供します。

 (*1) Intel(R) Xeon(R) D-2183ITの予備SIRパフォーマンス予測に対してIntel(R) Xeon(R) D-1581の測定済みパフォーマンスを比較したデルの予測に基づくXeon Processor D-1500製品ファミリーの構成:1ノード、1 x Intel(R)Xeon(R) Processor D-1581プロセッサ、128GB DDR4-2400(2133MHzで構成)、Ubuntu 16.04 LTS Xeon Processor D-2100製品ファミリーの構成:SPECint*_rate_base2006

(1ノード)、1xIntel(R) Xeon(R)プロセッサD-2183IT、72GB DDR4-2400(4GBコアで概算見積)、CentOS Linux release 7.3.1611(Core)3.10.0-514.21.2.el7.x86_64

 (*2) Intel(R) Xeon(R) D-1500製品ファミリー(128GB)に対して最大512GBのメモリー容量。

  インテル社のテクノロジー機能およびメリットはシステム構成に依存するとともに、対応するハードウェアやソフトウェア、サービスの有効化が必要な場合があります。パフォーマンスは、システム構成によって変化します。100%安全なコンピュータ システムはありません。システム メーカーまたは小売業者に問い合わせるか、[http://www.intel.com]で詳細をご覧ください。

  パフォーマンステストで使用したソフトウェアおよびワークロードは、インテル社製マイクロプロセッサー ベースのパフォーマンス用に最適化されている場合があります。

 SYSmarkやMobileMarkなどのパフォーマンステストは、指定のコンピュータシステム、コンポーネント、ソフトウェア、運用環境、機能を使用して測定しています。いずれかの要素に変化があった場合、結果が変わることがあります。検討している購入製品を完全に評価するための補助として、当該製品を他の製品と組み合わせた際のパフォーマンスを含め、他の情報およびパフォーマンスをテストも参照してください。詳細はhttp://www.intel.com/benchmarksをご覧ください。

■デル株式会社について

 デルは世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション・プロバイダー、Dell Inc.の日本法人です。

 総合ITソリューション事業−パソコン・モバイル端末から基幹システムやクラウドの導入支援、セキュリティサービスに至るまで包括的なITソリューションを提供。http://www.dell.co.jp/

■EMCジャパン株式会社について

 EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。

 http://japan.emc.com/

 (C) Copyright 2018 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.Dell,EMC,及びDell,EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc.又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。