ウエスタンデジタル、24時間/365日安心の次世代ビデオ録画を実現する

監視カメラ向けカードを発表

Western Digital Purple microSDカードは、エッジからクラウドに至るまでのウエスタンデジタルの監視カメラ向け製品ラインを補完し、リアルタイムソリューションによるビデオ監視データのキャプチャ、変換、保存、アクセスを実現

 

 4KウルトラHD動画や新しい人工知能(AI)アプリケーション/アナリティクスの採用によって、監視データの急速な増大と進化が続くなか、ウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC、以下ウエスタンデジタル)は、最新の監視カメラやエッジシステムの複雑で動的なデータ需要に特化したWestern Digital(R) Purple microSD(TM)カード( https://www.wdc.com/products/surveillance-storage/wd-purple-microsd.html?cid=na:na:WDPurplemicroSD:PR:na:EIS:WDPurplemicroSD )を発表しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 資産を安全に維持するため監視ビデオを採用している企業も、顔認識を通じて買い物行動を正確に分析するため監視システムを使用している小売企業も、あらゆる瞬間をキャプチャして評価することが極めて重要です。監視システムのオペレーターは、24時間365日の監視ビデオキャプチャ向けに最適化された堅牢なWestern Digital Purple microSDカードを活用して、継続的な監視ワークロードに対応できます。このカードは優れたパフォーマンスによって、4KウルトラHD動画を含む、次世代の多様な高解像度フォーマットでビデオをキャプチャおよび保存でき、また分析やビジネスインサイト獲得に向けたクラウド上のコアデータシステムへのデータ移動も機敏にサポートします。耐湿性を備えた堅牢な設計により、幅広い環境条件で使用でき、冬の降雪時に屋外で、あるいは高温多湿の工場内で、信頼性の高いビデオキャプチャを実現します。

 ウエスタンデジタルの組み込み統合ソリューション担当バイスプレジデントであるクリストファー・バーギー(Christopher Bergey)は、次のように述べています。「ビッグデータからファストデータ、監視などのデータ中心型アプリケーションに至るまで、データの量、速度、多様性、価値は飛躍的な成長と変化を続けています。消費者向けおよび産業向けメモリーカードに関する当社のイノベーションの実績を生かしたWestern Digital Purple microSDカードは、エッジにおけるメインストリームの商用監視データに理想的なソリューションです。この堅牢でインテリジェントなカードは、4K動画のキャプチャ、AI対応カメラでの使用、あるいは『スマート監視』アプリケーションをサポートする大規模データシステムでの使用など、さまざまな用途で『サーベイランスクラス』の耐久性と極めて優れたパフォーマンスを発揮し、最も過酷な条件下でも信頼性の高いビデオキャプチャを実現します。データ保存やリアルタイム分析のサポートに幅広くご利用いただいている当社のPurple およびUltrastar(R)ハードディスクドライブ(HDD)と併せて、エッジからコアに至るまで、業界で最も包括的な監視データ向けソリューションを提供します」

 ※以下は添付リリースを参照

 

(C) 2018 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.

 Western Digital、Western Digitalロゴ、Ultrastar、WD Purple、SanDiskは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。microSDマークとロゴはSD-3C,LLCの商標です。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている可能性があります。写真は実物と異なる場合があります。製品の仕様は、予告なく変更される場合があります。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477388_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477388_02.pdf