ORSO、創造的課題と動画撮影が可能にする、

論理的思考を育むドローンプログラミングアプリ配信開始

 

 ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:坂本義親)は、誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、「DRONE STAR(C)プログラミング」を2018年4月17日(火)に配信し、サービスを開始いたします。また同日より、学校・教育関係者様を対象とした「新学期応援アンケートキャンペーン」を開催し、プログラミングアプリ対応機体DRONE STAR 01スターターセットが貰えるキャンペーンを2018年4月17日(火)〜26日(木)迄、実施致します。

〇背景と概要

 2016年、「Society5.0」が内閣府より提唱され、人工知能、ロボット、IoTなどの、生産性を劇的に押し上げるイノベーションを実現する人材の育成が急務となり、また2017年には文部科学省より新学習指導要領として、小学校教育にプログラミング教育を実施する方針が示され、教育現場では論理的思考、プログラミング的思考の教育教材が求められています。当社は、誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、「DRONE STAR プログラミング」を開発するにあたり、これまで培ってきITサービス開発力と、ドローン利活用推進事業での教育ノウハウを生かし、教育現場の方々とドローンを使ったICT教育を共創したいという思いから、本アプリの先行導入パートナーを昨年12月より募集致しました。先行導入企業・団体様のご協力により、先行導入期間1か月間におけるプログラム参加人数は250名を超え、ドローンプログラミング教室を全国各地の教育現場で共に研究開発し、小・中・高校・大学・社会人全てのドローンプログラミングのエントリーモデルとして、使っていただく皆さまの創造性を磨くことを重視し、論理的思考を育む本サービスを開発致しました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

〇本アプリとキャンペーン概要

 「DRONE STAR プログラミング」アプリは、送信機(プロポ)を使わず難しいコードを書かなくてもドローンの操縦制御を直感的にプログラミングできる、プログラム思考を身に着けるために最適なアプリ教材のエントリーモデルです。誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるプログラミング編集画面では、前進、回転などの動作を制御する機能ブロックを、時間軸に沿ってタイムラインに配置し、ドローン(対応機体:DRONE STAR 01)に指令を出し、プログラム飛行させることでミッション達成を目指します。

 この直感的なプログラミング編集画面を軸に、課題となる「ミッション機能」を搭載し、生徒一人一人が創造力を掻き立て、それぞれが目標を立てオリジナリティを出せるよう、”うさぎやクラゲの動きをドローンで表現してみよう”等、様々なミッションが収録されています。また、プログラムが完成し、実際にドローンをプログラム飛行させる様子を、作成したタイムラインと共に”検証動画”として撮影する機能を搭載しています。この「検証動画撮影機能」により、自発的に検証し、プログラムを再編集する動機が生まれます。

 これらの循環型機能を身近なスマートフォン向けアプリで提供することにより、生徒自身がプログラミングに興味を持ち、個々の感性を高め、アプリに沿って自発的にPDCAを回し続ける環境が可能となりました。

 *以下は添付リリースを参照

 ※リリース記載内容は報道発表日時点の情報であり、随時変更の可能性がありますので予めご了承下さい。

 ※iPhone、iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の登録商標です。

 ※iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。

 ※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。

 ※Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。

 ※DRONE STARは、日本および他の国々で登録された株式会社ORSOの登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477336_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477336_03.pdf