セルラードローンを活用した鉄道インフラ予防点検の実証実験を開始

〜インフラ構造物での点検作業の効率化と安全性の向上をめざす〜

 

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と東武鉄道株式会社(以下、東武鉄道)は、2018年2月より携帯電話ネットワークを利用するドローン(以下、セルラードローン)を活用した鉄道インフラの予防点検の実証実験(以下、本実証実験)を開始しました。ドコモはこれまで、ドコモ・ドローンプロジェクトの一環として、災害発生時の被災状況の確認や基地局、及び鉄塔・橋梁(きょうりょう)などの生活インフラの点検を想定した、セルラードローンを活用したソリューション開発に取り組んできました。ドコモはパートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の取り組みを推進しており、セルラードローンを活用した社会的課題の解決をめざしています。

 また、東武鉄道では、463.3キロにわたる長い営業キロにおいて、安全・安心な鉄道運行を維持するにあたり、セルラードローンなどの情報通信技術・ロボット技術を活用した、構造物などの予防点検の精度向上、点検コストの低減などについて検討してきました。

 本実証実験は、2018年2月27日(火)に東武日光線利根川橋梁、翌28日(水)に東武鬼怒川線の隣接法(のり)面の実環境において、インフラ維持管理・更新におけるドローンの活用を検証するため、実施しました。既存の目視点検などに代わる、より安全で効率的なセルラードローンを活用した点検手法を確立することをめざしております。

 利根川橋梁の実証実験では、セルラードローンに搭載したカメラを通じ、通常目視による点検が困難な橋梁上部や低水路内の橋脚の点検を実施しました。また、取得した点検画像の一部については、NTTグループのAI「corevo(R)」を構成するドコモの画像認識技術を活用した自動解析を行い、実用性を検証します。鬼怒川線隣接法面の実証実験では、同様にセルラードローンに搭載したカメラを通じ、点群データを活用した法面の詳細な実情把握を実施しました。ドローンの飛行情報をLTEモバイルネットワーク経由で取得しながらモニタリングを行うことで、今回の実証実験場所のように広範囲かつ複雑な構造物の周辺であっても、安全なドローンの飛行が確認でき、今後の実用化に寄与すると考えています。

 なお、ドローンでの計測及び3次元データ解析については、ルーチェサーチ株式会社の協力を得て、実施しました。

 本実証実験結果をもとに、今後さまざまな観点から評価を行い、2018年度も引続き実証実験を重ね、セルラードローンを用いた点検業務の商用化をめざすとともに、自動飛行の実現やさらなる解析精度向上をめざし、「ドローンプラットフォームdocomo sky(TM)」への機能搭載も検討してまいります。

 ドコモと東武鉄道は、安心して暮らせるサステイナブルな社会の実現に向けて、社会的課題の解決に取り組みます。このような社会の実現に向けて、自治体や地域住民の方の声に耳を傾け、本実証実験を通じて、ドローンビジネスの先駆けとなるべく、より安全でかつ使いやすいサービスの開発と実用化をめざし鋭意検討を進めてまいります。

 ※「corevo(R)」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/)(◇)

  ◇ロゴは添付の関連資料を参照

 ※「ドローンプラットフォーム docomo sky(TM)」は株式会社NTTドコモの商標です。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477268_01.JPG

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477268_02.JPG