自然言語解析 AI エンジン「COTOHA(R)」を活用した次世代 RPA サービスの提供を開始

AI と融合した次世代の RPA「Robotics & Cognitive Automation(R&CA)サービス」により自動化可能な業務を拡大し、業務効率化、企業の「働き方改革」を支援

 

 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:近藤聡 以下、DTC)は NTT コミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)の自然言語解析 AI エンジン「Communication Engine“COTOHA(R)”」(以下 COTOHA(R))を活用した Robotics & Cognitive Automation(R&CA)サービスの提供を本日より開始します。DTC は本サービスを効果的に利用するための提案、企画構想、業務コンサルティングや、PoC(概念実証)から本格導入、運用・保守までを提供します。

 今回、提供を開始する R&CA サービスは、働き方改革や生産性向上の取り組みに関連して、様々な企業で導入が進められている「業務の自動化」において、現在の主流である RPA(Robotic Process Automation)の次のステージとして位置づけられるものです。

 RPA は表計算ソフトや ERP、メールソフトなど複数のアプリケーションをまたがって処理する「業務プロセス」を人に代わって自動化するもので、業務効率化や「働き方改革」を推進する仕組みとして注目を集めています。RPA はルールに基づいて定型的な作業を繰り返すような業務の自動化に適している一方で、ルールから外れたデータが入力されたり、必要な情報が入力されていない場合には、それらを補うために人手の作業が発生する難点があります。

 R&CA では認識技術や自然言語解析技術、学習機能などの Cognitive Automation によって、曖昧な情報や不足している情報、データ化されていない情報を補い、Robotics と連携することで、より高度に業務の自動化を実現します。

 今回提供開始するサービスは NTT Com が開発した、自然な日本語の対話ができる AI エンジン「COTOHA(R)」を活用します。「COTOHA(R)」を活用すれば、日本語での対話に応えるだけで必要なデータの入力が完成します。また、不足している情報があれば、「COTOHA(R)」が自動的に質問してくれます。これにより、次のような通常の RPA とは一線を画したユーザビリティを実現します。

 (1)様式に合わせた“記入”が不要

  所定の様式に合わせてデータを打ち込んで、それをシステムに投入して読み込ませる、といったプロセスが不要になります。「COTOHA(R)」がチャットなどの対話の中から必要な情報を読み取って、システムへの投入まで一気通貫で行います。

 (2)音声認識や音声合成との組み合わせにより、声だけで指示や確認が可能

  別途音声認識/音声合成のシステムと連携すれば、「COTOHA(R)」との会話だけですべてのプロセスを完結することも可能です。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477186_01.pdf